■ホーム
 ■はじめに

 ■ビオチン

 ■掌蹠膿疱症
 ■掌蹠膿疱症性骨関節炎
 ■アトピー性皮膚炎
 ■乾癬

 ■免疫の仕組み
 

 ■皮膚科治療最前線
      Q&A

 ■購入者からの声


 ■スーパービオチン
 ■ビオチン
 ■ビタミンC
 ■ビオチン&ビタミンC
 ■グルコサミン・コンドロイチン

 

 ■ル・ブルー 素肌改善セット
 ■ル・ブルー ローション
 ■ル・ブルー ミルク
 ■ル・ブルー クリーム 
 ■ル・ブルー トライアル 


 ■岩橋診療所

       HOME         プライバシー          利用規約          サイトマップ
All Content Copyright © in the CLINIC company
All Rights Reserved

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索


 治療効果を追及する方に
   価格/¥6,800(税込)

詳しくはこちらをクリック


注文数

   うるおいのある肌に
   価格/¥3,800(税込)

詳しくはこちらをクリック


注文数

   透明感のある肌に
   価格/¥1,400(税込)

詳しくはこちらをクリック


注文数

   美と健康のために
   価格/セット価格¥5,000(税込)

詳しくはこちらをクリック


注文数


うるおいのあるつややかな肌に
   セット価格/¥11,000(税込)

詳しくはこちらをクリック


注文数

   価格/¥3,800(税込)

詳しくはこちらをクリック


注文数

   価格/¥3,800(税込)

詳しくはこちらをクリック


注文数

   うるおいのある肌に
  価格/セット価格¥4,600(税込)

詳しくはこちらをクリック


注文数

掌蹠膿疱症という病名は欧米ではほとんど使われません。それは掌蹠膿疱症の患者がいないからではなく今から学んでいく乾癬に含まれて考えられているからです。このように掌蹠膿疱症と親密な関係にある乾癬についてここでは学んでいきましょう。

03月15日   掌蹠膿疱症の治療におけるビオチンの評価
03月15日   サプリメント Q&A


 乾癬とは、皮膚が赤く腫れ、その上に乾燥した白い垢が付着し、ぽろぽろと剥がれ落ちる炎症性角化症です。
 
頭部、肘、膝、腰部などこすれ易いところに好発します。

 乾癬は周りの人にうつることはありません。乾癬の皮疹はウイルスや細菌によって起こるものではないからです。また、家族で体質が似て発症することはありますが、遺伝することはないといわれています。

 乾癬には以下のように、さまざまな病型があります。

1. 尋常性乾癬:約9割がこのタイプで、円形・楕円形の紅色皮疹が みられます。
2. 乾癬性紅皮症:尋常性乾癬が汎発化し、身体全体が赤くなります。
3. 関節症性乾癬:手足の指・背骨の関節炎症状を伴います。
4. 滴状乾癬:発熱した後などに、小さい発疹が出ます。
5. 膿疱性乾癬:発熱など全身症状を伴い、多数の膿疱を呈します。

 近年、乾癬ビオチンというビタミンの欠乏により代謝・免疫異常を生じ、多量に作られたIgAが皮膚細胞に沈着するという考えがあり、ビオチン投与が治療成果をあげています。

 実際、乾癬の患者の血中ビオチン濃度を測定すると、正常の人に比べて著しく低下している事がわかっています。また、代謝・免疫異常を生じるため、本症の患者のなかには糖尿病、クローン病、IgA腎症などを合併する人もいます。

 皮膚は上から表皮、真皮、皮下組織の3層に分けられます。
 表皮の最上層は肌を守る角質層があり、その下に細胞層があります。

 尋常性乾癬ではIgAが細胞層に沈着し、角質層へと成長するにつれて角質が肥厚し、鱗屑となります。皮疹のないところでも物理的刺激により、同じように角質の厚い鱗屑が現れます(ケブネル現象)。また、鱗屑の下は毛細血管が拡張しているので皮疹は赤くなっていることが多く、鱗屑をはがすと点状出血がみられます(アウスピッツ現象)



 in the CLINICは、スキンケア、つまり皮膚予防医学の考え方を取り入れ、医師の立場から開発されたドクターズブランド。

 アトピー性皮膚炎を代表とする敏感肌、乾燥肌に対して、ただ“隠す”だけのものではなく、体の内側と外側の両方から健康で美しい肌に“改善していく”ための商品をというのが研究・開発コンセプトとなっています。

 また、in the CLINIC は、製品の効果を最大限に引き出すために販売後も専門の医師によるフォローアップを行います。

 こうしてあなたの肌の改善をあなたとともに見守っていきます。

なぜ今、国産サプリメントなのか。

 “サプリメント先進国のアメリカ”とよく言われるが本当にそうなのでしょうか?

 確かにアメリカでのサプリメントの歴史は古く、また消費量も日本の比ではありません。そういった意味では日本より進んでいます。
 しかし、アメリカ製のサプリメントはアメリカ独自の規制上から成分含有量が極めてあいまいで、粗悪品も出回っているのが現状です。

 そういった意味でも国産サプリメントはサプリメント初心者にも安心の品質です。

              詳しくはこちらをクリック